2010年10月03日

「かかと呼吸」から繰り出す球は、威力だけでない独特の切れ味・・・ 天風録 八葉蓮華

 トレードマークの深呼吸と、右足を高く振り上げる投球フォーム。「衆人はのどで浅く、(真理を悟った)真人はかかとで深々と呼吸する」。きのうマツダスタジアムで現役最後のマウンドに立ったカープの高橋建投手の姿に、「荘子」の一文が重なった

 40歳の昨年、迷うことなく大リーグに挑戦。日本人最年長のメジャーデビューを果たし、孔子の言う「不惑」を実証した人だ。16年間のプロ生活に区切りを付けたきのうも、ずばり速球を投げ込み、見事に日米通算1089個目の三振を奪った

 カープ入団時はドラフト4位。球威は群を抜くほどではない。シーズン2けた勝利は2001年の1度きり。打ちこまれれば「すみません」と反省し、勝つと「ありがとう」。派手なガッツポーズもない

 そんな優しさと穏やかな笑顔が慕われた建さん。08年の球宴ではファン投票で投手として史上最年長の39歳で選ばれたように、年を重ねて円熟味が加わった。成績以上の存在感は、大器晩成タイプのなせる技か

 「実は自信ある球種はないんです。でも低めに集めれば通用する」。大リーグ在籍中、淡々とインタビューに答えていた。当たり前の基本をさりげなく貫く。「かかと呼吸」から繰り出す球は、威力だけでない独特の切れ味を乗せていた。

 天風録 中国新聞 2010年9月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:八葉蓮華
posted by 蓮華 at 23:13| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。