2010年09月19日

「五輪で金を取りたい」いよいよ2年後のロンドン五輪・・・ 天風録 八葉蓮華

 ままごとが大好き。三つ年上の姉の後ろに大きな体を隠す甘えん坊だった。「少しはたくましくなってほしい」。小学校に入る前、母親に連れられて渋々、柔道教室に通い始めた少年が大金星を挙げた

 山口市生まれ、広島・崇徳高出身の上川大樹選手(20)。東京であった世界選手権の男子無差別級で金メダルを手にした。国際的には無名に近かった。さして期待もされない代表枠の4人目。あれよ、あれよという間に頂点に立った

 優しい性格が裏目に出て、伸び悩んでいた。代表合宿で監督から「おまえは、おまけのおまけやー」と怒鳴られ、負けん気に火が付いたようだ。延長にもつれこんだ決勝戦でも「世界最強」とされたフランス選手の猛攻をしのぎ、勝利をたぐり寄せた

 角界の金星といえば、69連勝中の大横綱双葉山を平幕力士が破った71年前の「世紀の一番」が思い浮かぶ。ストップをかけた広島市出身の安芸ノ海。一躍名を上げて「みっともない相撲は取れない」とけいこに励んだ。ついには横綱にのぼり詰める

 「決勝は判定負けと思った。もっと力を付けたい」。快挙にもかつての甘えん坊は控えめだ。10歳のころ「五輪で金を取りたい」と作文に書いた。いよいよ2年後のロンドン五輪を目指す。もう、おまけとは言わせない。

 天風録 中国新聞 2010年9月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 22:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。