2010年08月18日

ご当地ヒーロー「清流光神ハクジャオー」夢と希望はおれが守る・・・ 天風録 八葉蓮華

 その姿ゆえ、ヘビは人の心にさざ波を引き起こす。気味悪さだったり、あるいは神々しくも見えたり。後者の代表が、国の天然記念物「岩国のシロヘビ」だろう。真っ白な体に赤っぽい目が神秘的な雰囲気を醸し出し、「神の使い」とも称されてきた

 最近はご当地ヒーロー「清流光神ハクジャオー」も登場。市民グループが考案し、地元ケーブルテレビがドラマ化した。悪役のアルゼンチンアリの女王たちとシ闘を繰り広げ、一躍人気者に。「岩国の夢と希望はおれが守る」というせりふが、シロヘビに寄せる市民の愛着と重なり合う

 残念なこともあった。今月初め、有名ヘビの「モーちゃん」が亡くなった。享年28歳で、人間に換算すると120歳にもなる。気温も湿度も快適に保たれた観覧所で長年暮らした。そんなストレスとは無縁の環境が長寿をもたらしたようだ

 飼育中のシロヘビはみな体内にICチップが埋め込まれている。居場所が分かり、体調の管理にも役に立つ。地元の保存会はシロヘビ教室を開き、子どもたちに天然記念物の価値を伝えている。物心両面で至れり尽くせりの保護ぶりは驚くほかない

 モーちゃんは晩年、神々しいほど黄金色に見えた。はく製になっても、ハクジャオーとともに街の守り神になってくれるだろう。

 天風録 中国新聞 2010年8月14日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。