2010年08月12日

「ピカドンを忘れんさんな」それぞれのお国言葉で誓ってもらいたい・・・ 天風録 八葉蓮華

 「姉ちゃんは骨だけになってシんだ/シぬ時/『ピカドンを忘れんさんな』といった」。被爆から7年後、峠三吉と山代巴が編んだ詩集「原子雲の下より」に、「姉ちゃん」と題した詩がある

 当時、中学1年だった池田博彰さんが書いた。大好きだったお姉ちゃんが「大きらいな戦争でおばけみたいになった」。あまたの未来を切り裂いた1発の原爆。広島弁を声に出してみる。優しい響きに込められた無念さが迫ってくるようだ

 きのう74カ国の海外代表も参列した広島市の平和記念式典。秋葉忠利市長の平和宣言は広島弁から始まった。「ああ やれんのう、こがあな辛(つら)い目に、なんで遭わにゃあ いけんのかいのう」。被爆者の思いはええがいに伝わったと信じよう

 国連事務総長として初めて参列した潘基文氏は、英語のあいさつに「私は平和のために広島に参りました」と日本語を交えた。朝鮮戦争の劫火(ごうか)を逃れた少年時代の思い出も相まって、日本語に託した決意に深い共感を覚えた人は多かろう

 人の心を打つ体験は「その人の持つ言葉で表現されるとき、ほんとに相手に通ずる」と、方言の力を言い当てたのは民俗学者の宮本常一だ。それぞれのお国言葉で世界の政治家に誓ってもらいたい。ピカドンの悲劇は絶対忘れんけえ、と。

 天風録 中国新聞 2010年8月7日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。