2010年08月03日

干満の激しい動きが海中の養分をかきまぜ、多くの命をはぐくんできた・・・ 天風録 八葉蓮華

 「生きている化石」と呼ばれるカブトガニにとって、この時季の大潮はよほど特別なのだろう。上げ潮に合わせて砂浜の奧へ進み、卵を産む。ちょうどふ化にぴったりの、砂の温かさになるらしい

 決まって旧暦の6月17日。宮島の管絃祭も夏の大潮が舞台になる。今年はきのうがその日に当たった。「月の出と潮の満干がこの祭の夜の事実上の進行係であった」。広島市出身の作家竹西寛子さんが代表作の「管絃祭」に書いている

 廿日市市沖の大野瀬戸を巡った御座船は大鳥居をくぐり厳島神社の奧へ向かう。回廊ぎりぎりまで海水が満ち、平安絵巻は最高潮へ。船を引く広島市の江波漕伝馬(こぎてんま)保存会や呉市の阿賀漁協のこぎ手たちも腕の見せどころだ

 300年前、転覆しかけた御座船を両地区の船が助けて以来続く大役という。かつて江波では20歳を迎えた地元漁師の「一生に一度の晴れ姿」だった。今や近隣からボランティアがはせ参じるのも、時代の流れかもしれない。「管絃の船を曳(ひ)きゆく八丁櫓(ろ) 鈴木厚子」

 きのう夕刻から深夜にかけ、神社付近の潮位は3メートルほども上がった。干満の激しい動きが海中の養分をかきまぜ、多くの命をはぐくんできた瀬戸内。連綿と続く祭りは「母なる海」を実感させてくれる舞台装置でもある。

 天風録 中国新聞 2010年7月29日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。