2010年07月28日

元工作員との対面「絶対生きている」との言葉に希望をつなげたい・・・ 天風録 八葉蓮華

 一度見ると忘れ難い写真だ。音戸瀬戸を背に、笑顔の少女が躍り上がるように立つ。両手は弟たちとしっかり結ばれている。小学生のころ広島市で暮らした横田めぐみさん。36年前の家族旅行の一こまだ

 転勤族で何度も引っ越した横田家。「広島時代が一番幸せだった」と父の滋さんは振り返っている。家族の中心にいためぐみさん。動物好きで、太陽のように周りを明るくしたという。写真から3年後、新潟の地で人生が暗転する

 片や元外交官を父に持ち、北朝鮮で恵まれた日々を送っていたのが金賢姫(キムヒョンヒ)元工作員だ。大学で語学力を見込まれ、国家のテロ工作に駆り出された。めぐみさんより2歳上。運命の糸が交わるように、本来なら接点がないはずの2人が26年前に出会った

 拉致被ガイ者とテロ事件実行犯。北朝鮮という国家によって翻弄(ほんろう)されたことには違いなかろう。母の早紀江さんは元工作員との対面で「懐かしさを感じた」と明かした。まな娘の境遇と、目の前の女性の数奇な半生を重ね合わせたのかもしれない

 たくさん猫を飼い、周りを楽しませた。元工作員が伝えためぐみさんの暮らしぶりは、少女のころの面影をとどめる。「絶対生きている」との言葉に希望をつなげたい。運命の糸が解きほぐされる日はいつか。

 天風録 中国新聞 2010年7月23日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:25| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。