2010年05月31日

赤じゅうたんの議場「平成の大合併」の思わぬ置き土産・・・ 天風録 八葉蓮華

 ツキノワグマのはく製、赤や緑に輝くシジミチョウ、草原性植物のマツムシソウ…。所狭しと置かれた動植物の標本に圧倒されるようだ。廊下に出て見上げると「傍聴席」とあった

 広島県北広島町の芸北支所2階。もとは旧芸北町の議会スペースである。5年間、ほこりが積もるに任せていたところ「第二の人生」が巡ってきた。約1万3千点を収蔵する自然学習の場に変わりつつある。赤じゅうたんの議場は今やカーペット敷きの研修室だ

 にぎやかな「余生」を送っているところもある。庄原市の西城支所では、旧西城町の議場が学童保育の場になった。夕方ともなれば小学生十数人の声が高い天井に響く。ホールや図書室、プラネタリウムに転身したケースも耳にする

 今春で一区切りした「平成の大合併」の思わぬ置き土産でもあろう。中国地方では市町村が318から109に減った。不要になった議場は階段式だったり、机が作り付けだったりして改修もままならない。持て余し気味の市町も多いと聞く

 かつての議場に立つと、合併の是非などをめぐり熱い議論が交わされた往時がよみがえるようだ。元の芸北町議会ではこの冬、生物の多様性をテーマにした企画展が始まるという。いろんな主役があちこちで登場するに違いない。

 天風録 中国新聞 2010年5月26日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

誇りと平和への願いがこもる「万国津梁の鐘」あらゆる国への懸け橋・・・ 天風録 八葉蓮華

 「普天間」の問題でおととい、首相と知事が顔をこわばらせて向き合った沖縄県庁の知事応接室。ひときわ存在感を示す漢文のびょうぶに気付いた人も多いだろう。首里城正殿にかかっていた「万国津梁(しんりょう)の鐘」の銘文を写した書と知った

 15世紀半ば、琉球国の尚(しょう)泰(たい)久(きゅう)王が造らせた鐘という。津梁には橋渡しの意味がある。明(中国)と日本の中間に位置するあこがれの島、琉球。船でアジアの国々と交わり、あらゆる国への懸け橋となろう。そんな気概が伝わってくるようだ

 その名を冠した施設がある。10年前の沖縄サミットで主会場になった名護市の「万国津梁館」だ。知事との会談後、市町村長との懇談でこの館に赴いた首相。「最低でも県外」と約束しながら、豹変(ひょうへん)した「君子」に市民から「帰れ」の声が飛んだ

 銘文に「日本とは唇と歯のように寄り添う」というくだりも見える。しかし薩摩藩の侵攻や明治政府による日本への併合、沖縄戦、米国の軍政、そして今回…。かの地の人からすると、果たして助け合う関係だったのかどうか

 くだんの鐘は国の重要文化財に指定され、県立博物館にある。痛々しい銃弾の跡も残っているという。県民の誇りと平和への願いがこもる鐘。橋を懸ける相手は米国だけでないことに思いを致したい。

 天風録 中国新聞 2010年5月25日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

いつかその日がくる、どこにもいないのではない、どこにもゆかない・・・ 天風録 八葉蓮華

 猫好きの彼女と所帯を持った。大の苦手なのに。ニャオと鳴く「家族」は懐いたかと思えばふっつり姿をくらます。振り回された新婚の日々を詩人の長田弘さんがエッセーにつづったのはもう40年ほど前だ

 愛猫たちが蒸発したりシんだりするうち、詩人はある境地に至る。いつかその日がくる。そう観念しなければ猫なんかと一緒に暮らせない―。もしそれがわが肉親との別れだったら、と読みながら想像を巡らせる

 長田さんは、その奥さんを昨年失った。一周忌を前に編んだ詩集「詩ふたつ」に、亡くなった人についてのこんな一節を見つけた。「どこにもいないのではない。どこにもゆかないのだ」。病床で顔をゆがめていた母があの世では元気になった、とも

 たとえ姿が消えても、その人との思い出や絆(きずな)は生き続けるということだろう。そう受け止めることができたら、みとった悲しみも少しは軽くなるかもしれない。しなやかな詩に目を開かされる

 今年の中国短編文学賞の大賞作も、家族に先立たれた孤独を描いていた。交通事故で逝った孫娘のお気に入りだったトナカイの電飾。それが近所と絆を結び、命拾いの種となる。長田さんの詩集の後書きにはこんなくだりもある。「近しい人が遺(のこ)してくれる記憶は、生の球根です」

 天風録 中国新聞 2010年5月24日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

夢の通り道を大掃除する大馬力のエンジンはないものか・・・ 天風録 八葉蓮華

 広島デルタの本川沿いを歩くと「銀の玉」が目に入る。西平和大橋下流の緑地にあるステンレス製の球形彫刻のことだ。買値の5千万円は高すぎないかと、広島市議会で問題になった。バブル経済が絶頂のころだ

 実は同じ作家によるそっくり作品が東京に二つあった。一回り小さいが、それぞれ1千3百万円と2千万円。値段があってないような世界とはいえ、きわめて分かりやすい価格差だ。市の大甘チェックは、購入費の出所がすべて日本宝くじ協会だったことも影響していた

 庶民が夢を託す宝くじ。その果てはどういう勘定になっているのか。「自治」の名が付くから地方の財源にと想像できても、実態は霧の中。年間売り上げ1兆円という巨大な懐に、仕分け人が手を突っ込んだ

 45%という当せん者への還元率は意外に低い。驚いたのは、総務省関連の公益法人などへの天下り役職員が60人余りもいたことだ。立派すぎるオフィスや高給は庶民とかけ離れている。どうやら触れてほしくない懐だったようだ

 収益金での宣伝や地域振興事業もやり玉に挙げた仕分け人たち。無駄がなくなるまで宝くじの販売凍結を求めた。ただ、おいそれと従う総務省一家ではなさそうだ。夢の通り道を大掃除する大馬力のエンジンはないものか。

 天風録 中国新聞 2010年5月23日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

都会と農山村の交流、毎年、幸運を運んでくれるフクロウ・・・ 天風録 八葉蓮華

 新緑がもえるころになると、屋根裏から「ピイ、ピイ」というかわいい声が聞こえ始める。広島県神石高原町の見永豊子さん(79)は胸が高鳴るという。「待っとったよ」。今年もやってきたフクロウのひなたちだ

 かやぶきの屋根裏にかけた巣から毎年、決まったようにひなが1、2羽落ちてくる。鶏のささ身をやると、大きな口を開けてついばむ。2週間育てた後、迎えに来る親鳥の元に帰す。そんな「里親」を足かけ20年。見永さん方の居心地がよほどいいのだろう

 これまでに育てたひなは50羽に上る。くりくりした目。見永さんの肩や腕にちょこんと乗るしぐさも愛らしい。最近は、伝え聞いた大勢の人たちが「ひと目みたい」と各地から訪ねてくるようになった

 40年前に夫を失い、3人の子を育て上げた後はずっと一人暮らし。ふとむなしさを感じ、ふさぎ込むこともあった。そんな見永さんの心を慰めてくれたのがフクロウのひなたちという。「毎年、幸運を運んでくれるフクロウ(不苦労)」とも

 うれしい話はまだある。外に出ている子や孫たちが電話をくれ、会話が弾むことだ。今年、都会と農山村の交流を目指す会から賞を贈られた。フクロウがはぐくんでくれた人のきずな。フクの神はきっと来年も戻ってくるに違いない。

 天風録 中国新聞 2010年5月22日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

コメ作りへの思い、作り手の高齢化も進んで、おいそれと増やすのは難しい・・・ 天風録 八葉蓮華

 きょうは二十四節気の「小満」。草木が育って茂る意味がある。梅雨入り前の日差しを受け、田んぼの苗も少しずつたくましさを増す。田植えに続く「植田直し」。筋をたどり、苗の欠けたところを手で植え足すしんどい仕事だ

 最近は直さない田んぼが目立つ。田植え機で広い面積をこなすから、昔ながらの手作業が敬遠されるのだろう。おまけにコメ余りで価格も安い。田の真ん中にしか作付けをしない「額縁転作」も見かけるようになった

 「あぜの三筋はようできる」。風通しが良く、肥料分もたっぷりのあぜ際。それを見逃す手はない、と説くことわざだ。広島の民俗に詳しい神田三亀男さんの著書に教わった。「1粒でも多く」。そんな田んぼへの愛着がみえる

 しかし増え続けた転作に、あぜ際はかすみがちだ。コメ作りへの思いもなえるばかり。そんな空気が今年は、いくらか変わってくるかもしれない。新政権がコメの戸別所得補償を打ち出した。少しはやる気がわいてきたという農家もあるのではないか

 ここ数年、広島県では国から割り当てられた作付けの面積を下回っている。作り手の高齢化も進んで、おいそれと増やすのは難しいという声も聞く。あぜ際に手植えは無理だとしても、せめてその心だけは忘れないでいたい。

 天風録 中国新聞 2010年5月21日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

「不公平で、差別に近い」人々を動かしたのは理屈ではなく心情だった・・・ 天風録 八葉蓮華

 「あの流儀でやれば徴兵制度の復活であろうが、戦争さえもが強行決議されるのだ」。50年前、作家の野上弥生子が雑誌に書いている。そんな思いの広がりが「60年安保闘争」の底流にあったのだろう

 あの流儀とは、岸信介首相による新日米安保条約の強行採決を指す。5月19日の深夜、衆院での質疑を打ち切り、警官隊を院内に導入。議長室前に座り込む野党議員らをごぼう抜きし、半世紀前のきょう午前0時すぎに可決した

 これを境に「安保反対」に火が付く。国会周辺は連日デモ隊で埋まった。警官隊との衝突で女子学生がシ亡し、米大統領の初来日も流れた。国中を覆った騒然たる空気。小学校の教室でも「アンポハンタイ」の声が上がったのをうっすら覚えている

 敗戦から15年。もう戦争はいやだ、アメリカにすり寄るな―。人々を動かしたのは理屈ではなく心情だった。「占領された側の鬱屈(うっくつ)した全国民的なナショナリズムがあそこで爆発した」。中曽根康弘元首相の見立てである

 60年安保では顧みられず、基地を一方的に押し付けられてきた沖縄。「最低でも県外」という移設の約束で、心情のふたが開いたようだ。復帰38年にして「不公平で、差別に近い」という知事の発言は重い。あふれ出そうな県民の思いに、どうこたえる。

 天風録 中国新聞 2010年5月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

「歌の力で実現した革命」実現するまではそれが不可能にみえる・・・ 天風録 八葉蓮華

 ベートーベンの「第9」が南アフリカ国歌の代わりに流されたことがある。18年前のバルセロナ五輪の時だ。アパルトヘイト(人種隔離)政策で選挙権もなかった黒人の選手、役員が当時の国歌を拒んだ

 その国で来月、サッカーのW杯大会が幕を開ける。肌の色での差別は薄らぎつつあるという。「和解の呼び声が鳴る/われらは団結して立つだろう」。そんなふうに誓う、新しい国歌が満員のスタジアムにこだまする日はもうすぐだ

 歌詞には、黒人解放の運動で歌い継がれてきた賛美歌や元の国歌を織り交ぜている。心の隔たりを埋めるシンボルといえようか。27年間もの捕らわれの身から大統領に選ばれるまで、辛抱を重ねたネルソン・マンデラ氏(91)ならではの知恵である

 反アパルトヘイトの闘いは「歌の力で実現した革命」とも評される。口ずさむことで団結し、勇気を奮い立たせ、人々は銃や戦車に立ち向かった。歌は剣よりも強し―。氏はそれを肌身で知る一人に違いない

 ただ、W杯の準備は鼻歌交じりで、とはいかないようだ。「犯罪大国」の汚名返上なるか、施設整備は間に合うか…。外国から不安の輪唱が聞こえてくるが、答えは「大丈夫」。マンデラ氏の言葉には「実現するまではそれが不可能にみえる」というのもある。

 天風録 中国新聞 2010年5月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:47| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

「トライアスロン」興味の赴くままにインターネットの世界をさまよう若者たち・・・ 天風録 八葉蓮華

 水泳、自転車、ランニングを一人でこなすトライアスロン。人間の限界に挑む選手は「鉄人」と呼ばれる。頂点を極めるのは、それぞれの種目では目立たない人も多いそうだ。三つの競技を合わせて、初めて見えてくる輝きがあるのだろう

 最初から三拍子そろっている人はまずいない。総合力を身に付けるには、不得手な種目を練習でカバーしなくてはならない。得意分野に比べ、伸びしろが大きいのも魅力の一つのようだ。昨年から国体の公開競技になり、第二のブーム到来という

 あやかって「知のトライアスロン」だそうだ。広島市立大が始めた「3競技」は、本に映画に美術ときた。教職員のコメント付きのお薦めリストを用意して、初心者、上級向けなどきめ細かなコース分けも。単位を絡めるなど、あの手この手で学生をチャレンジに誘う

 興味の赴くままにインターネットの世界をさまよう若者たち。特定の分野にはめっぽう詳しいのに、「そんなことさえ知らないの」とあきれるほど常識の穴も目立つ。大学側からの「脱オタク」の勧めとも読み取れそうだ

 そういえば、一芸入試も前ほど話題にならなくなった。知の総合力を高めるには、食わず嫌いをなくすこと。本家のレースでは「努力は裏切らない」が格言になっている。

 天風録 中国新聞 2010年5月18日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

太陽からの風「イカロス」太陽光で宇宙ヨットを動かす・・・ 天風録 八葉蓮華

 太陽の光を巨大な帆で受けた宇宙ヨット。綱を切ると音もなく加速し、地球の軌道を離れていく―。アーサー・C・クラークのSF短編「太陽からの風」(1963年)は、燃料なしで宇宙を航行する夢の物語である

 主人公が苦労したのが、資金提供者に太陽帆走の原理を説明すること。太陽光の圧力は弱すぎて、地球上では感じられない。だが空気抵抗も重力もない宇宙空間では、休みなく力を受けて加速する。「諸君びっくりするだろうが、1日で時速3千キロにもなるんだ」

 ほぼ半世紀を経て、空想は現実になろうとしている。あす朝、種子島宇宙センターから金星探査機と一緒に発射される太陽帆実証機「イカロス」。宇宙空間で14メートル四方の極薄の帆を広げ、0・2グラムの光の圧力を受けて進む手はずだ

 古くからの着想をかなえるのは耐久性のある帆。携帯電話の基板に似た樹脂のフィルムを使う。製塩から生まれた化学メーカーのマナック(福山市)製の原料も採用された。天日に頼る塩づくりから発展した技術が、今度は太陽光で宇宙ヨットを動かす

 きなくささも漂う現実の宇宙開発。その点、日本が先頭を走る宇宙ヨットの分野は遊び心も感じる。ちなみにクラークがつづったのは、月を目指すヨットレースのお話だった。

 天風録 中国新聞 2010年5月17日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
posted by 蓮華 at 23:48| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

参院選への立候補を断念「参院のドン」政治の舞台がまた一つ回った・・・ 天風録 八葉蓮華

 「いま、静かにその歩みを止める時が来たと決意しました」。病床から引退表明する竹下登元首相の声がテープで流れる自民党本部。秘書、側近として元首相に仕えてきた青木幹雄氏は目を潤ませた。官房長官の任にあった2000年5月のことだ

 ちょうど10年後。今度は青木氏が夏の参院選への立候補を断念したとのニュースが飛び込んできた。脳梗塞(こうそく)と診断された入院先で「選挙をやっていく自信がない」と意向を伝えたという。くしくも元首相と同じように、体調不良が引き金になった

 ともに早大雄弁会の出身。県議を経て国会議員、党幹部そして大臣に上り詰める軌跡はそっくり重なり合う。「参院のドン」と呼ばれるほど、隠然たる政治力を見せつけた青木氏。野党との太いパイプや根回しの才は「師」に勝るとも劣るまい

 すご腕ぶりを物語るのが歴代首相とのエピソードだ。脳梗塞で倒れた小渕恵三氏から森喜朗氏への密室の交代劇を仕掛けたり、水と油だったはずの小泉純一郎氏と手を組んだり…。「逆臣」と陰口をたたかれたこともあった

 元首相の出雲弁「だわな」は有名だった。青木氏は「だわね」。土の香りのするお国言葉が永田町で聞けなくなるのは寂しい気もする。政治の舞台がまた一つ回ったということだろうか。

 天風録 中国新聞 2010年5月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

「ちょるる」全国の選手や関係者をもてなす「おいでませ」の心ばえで・・・ 天風録 八葉蓮華

 せんとくん(奈良)にトリピー(鳥取)、ブンカッキー(広島)…。今やどこのイベントにも欠かせないのが、ご当地の「ゆるキャラ」だろう。山口県でも最近、ニューフェースの活躍が目立つ

 来年10月に開かれる山口国体をPRする「ちょるる」だ。お年寄りがよく使う方言の「〜しちょる」にちなんで名付けられた。先っちょが三つに分かれた髪にハート形の顔。どこか懐かしい着ぐるみが、たいまつを手に走り回っている

 せっかく雰囲気を盛り上げようという矢先に、方言ならぬ「放言」が水を差した。公の場で「やしをしてでも1位を取る」と、つい口を滑らせた県のナンバー2。「やし」には「ずる」や「ごまかし」の意味がある。1963年に開催した前回の山口国体で2位に甘んじたことが、よほどくやしかったと見える

 祭りなどで言葉巧みに物を売りつけることを指す「やし」。聴衆を沸かすリップサービスのつもりだったとしても、済まされるかどうか。抗議を受けておわびを口にしたが、発言自体は撤回しなかった

 地元に恥じない成績を、との気持ちも分からないでもない。ただ「1番になるためには何をしても…」と受け取られるようでは困る。全国の選手や関係者をもてなす「おいでませ」の心ばえで、1位を目指したい。

 天風録 中国新聞 2010年5月15日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

全国から集まった「1000人のチェロ・コンサート」聞く方も弾く方も癒やされる・・・ 天風録 八葉蓮華

 宮沢賢治の宝物はチェロだった。古里の岩手県花巻市で童話や詩を書いていたころ、お世辞にも上手といえない音色を日夜鳴らしたという。そんな体験を基にしたのが「セロ弾きのゴーシュ」

 賢治を思わせる主人公は、楽団で怒られてばかりの演奏家だ。毎晩やってくる動物にせがまれてチェロを弾く。「ごうごうひびく」音。いつしか動物たちの病気を治し、自分も腕を上げていく。賢治はチェロの持つ不思議な力を感じ取っていたに違いない

 「人間のような楽器」と例えられる。低く落ち着いた調べは男性の声域に似ているそうだ。語りかけるような深みのある音に、聞く方も弾く方も癒やされる。華やかにメロディーを奏でるバイオリンとは対照的でもある

 アカデミー賞を受賞した映画「おくりびと」でも、元チェリストの納棺師が美しく穏やかな旋律を聞かせる。シと向き合う意味や人生にとって大切なものは何か、考えさせられた人も多かろう。命を響き合わす楽器なのかもしれない

 そんな魅力を存分に味わえる「1000人のチェロ・コンサート」が16日に広島で開かれる。阪神大震災の慰霊と復興のため12年前に始まり、初めて被爆地が舞台になる。全国から集まったゴーシュたちは、どんな音色を響かせてくれるだろうか。

 天風録 中国新聞 2010年5月14日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

スタンドを沸かせたあの采配は、もう見られない「守って勝つ」広商野球の申し子・・・ 天風録 八葉蓮華

 無シ二、三塁のピンチで迎えた4番打者。「カーン」。火の出るようなライナーが投手の脇を抜ける。「やられた」。誰もがそう思った瞬間、飛びついた二塁手のグラブに打球は収まった

 広島商が甲子園の頂をつかんだ1973年夏の決勝戦だ。超が付くファインプレーの主、川本幸生さんがおととい亡くなった。高校時代の88試合で失策はわずか1個。打球の飛んでくるコースを読む眼力は並大抵ではなかった

 二塁手は内野の要といわれる。捕手の配球サインや打者の肩の開き具合まで計算のうち。それをひのき舞台でも淡々とこなした。「長所は冷静なこと、短所は冷静すぎること」。そんな自分評も、いかにもこの人らしい

 「守って勝つ」広商野球の申し子だった。28歳の若さで監督を任される。3年目の88年夏には見事、全国制覇を果たした。ところが翌年夏の県予選で敗れると、あっさり身を引いてしまう

 予選負けした日、3年生部員の一人が苦労を掛けた両親に正座で「ありがとうございました」と頭を下げたという。その話を聞き「悔いなくピリオドを打てた」と後に書いている。緻密(ちみつ)さの陰には、思いやりと感謝の気持ちを忘れてはならないとの思いもあったのだろう。スタンドを沸かせたあの采配(さいはい)は、もう見られない。

 天風録 中国新聞 2010年5月13日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

音もなく迫る車体「存在音」街になじむ日がいつかは来る・・・ 天風録 八葉蓮華

 たどたどしかったウグイスの鳴き方が様になってきた。ピールリとよく通る声は、南国から渡ってきたオオルリだ。恋の季節を迎えた新緑の林間。心地よい鳥たちのさえずりは求愛の営みである

 人間にとっても音は一種のサインだろう。それで何かのスイッチが入ることもある。雷鳴がとどろけば身が縮む思いがし、野外なら隠れ場所を探してしまう。授乳期の母親は、赤ちゃんの泣き声がすれば寝床でも反射的に目が覚めるという

 車のエンジン音の場合はどうだろう。うなる回転音に胸躍らせるドライバーもいれば、騒音にしか聞こえない人もいよう。それともう一つ、クラクションなしで車の接近を教える合図でもある

 その「存在音」がにわかに注目されている。低速時はモーターで動くハイブリッド車が増え、電気自動車も普及が進む。音もなく迫る車体に驚いた人もいるだろう。とりわけ、目の不自由な人は耳だけが頼り。恐怖の体験に違いない

 ならばと、低速で走る時の人工音を自動車メーカー3社が開発した。ホワンホワンとかキーンとかの電子音である。聞き取りやすさを追い求めたそうだが、まだたどたどしい響きだ。横断歩道の青信号を知らせるカッコーやヒヨドリのように、街になじむ日がいつかは来るのだろうか。

 天風録 中国新聞 2010年5月12日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

候補者選び「百万、千万の味方を得たような気持ち」経験より人気・・・ 天風録 八葉蓮華

 サッカーワールドカップ(W杯)の代表選びには、悲喜こもごものドラマがある。岡田武史監督が発表した南アフリカ大会のメンバーもその伝だった。けがで半年以上戦列を離れている川口能活選手(34)が、まさかの代表入りを果たした

 3大会連続出場したベテラン。ゴールキーパーとしての実力は下り坂とされるが、幾多の修羅場をくぐってきた精神力も買われたのだろう。あおりで涙をのんだサンフレッチェ広島の西川周作選手(23)。初出場が有力視されていただけに残念というほかない

 こちらの選考では経験より人気を重視するらしい。今夏の参院選に向け本格化してきた各党の候補者選びだ。与野党が競うように芸能人やスポーツ選手の擁立を進めている。きのうは知名度抜群の柔道女子の五輪金メダリストが立候補を表明した

 「百万、千万の味方を得たような気持ち」。同席した民主党の小沢一郎幹事長もこの日ばかりは満面の笑みを浮かべた。新鮮さをアピールしたいのだろうが、公約破りの目くらましではとの声も聞こえてきそうだ

 非情にならざるを得ないW杯選考。岡田監督は「私心でなく純粋にチームが勝つために決めたことなら、いつかは伝わるはず」という。指揮官の眼力が試されるのはピッチだけではあるまい。

 天風録 中国新聞 2010年5月11日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

「胸中に成竹あり」先を読み、念入りに準備して物事に臨む・・・ 天風録 八葉蓮華

 先はとても軟らかい。繊維質いっぱいの根元のシャリシャリ感もこたえられない。木の芽あえ、若竹煮…。タケノコは行く春の味覚だろう。いつもより寒かったせいか、今も店先に並ぶ

 掘り出すとなると意外に難しい。先がちょっとのぞいたぐらいが旬という。地中に埋まる部分を傷つけないよう、慎重にクワを打ち込む。力任せでは、せっかくの季節の贈り物を傷つけてしまいかねない

 旬を逃せば、あっという間に大きくなる。若竹の育つ速さは目を見張るほどだ。中国に「胸中に成竹あり」との故事成語がある。北宋の時代、墨竹画を得意とした画家の文同は、節や葉の成長ぶりを日ごろからよく観察していた。筆を執る前に成竹の姿を思い浮かべ、一気に描き上げたという

 これが転じ、先を読み、念入りに準備して物事に臨むとの意味である。さて普天間基地の問題で、鳩山由紀夫首相は「成竹」を胸中に描いていたのだろうか。腹案といっても、まだ節も葉の位置も見定められないような姿ではないか

 政府はきょうにも、移設の原案を確認する。今月末の期限を前に、動き始めた首相。そのたびに、沖縄でも徳之島でも、住民の心中に埋もれていた不信感や怒りの数々がにょきにょきと大きくなる。解決の旬はいつになったら訪れるのか。

 天風録 中国新聞 2010年5月10日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

母の日「いっぱいごめん いっぱいありがと」母の字に託したありのままの思い・・・ 天風録 八葉蓮華

「母という字を書いてごらんなさい」。サトウハチローさんの詩集に、こんな一編がある。「やさしいように見えて むずかしい字です/恰好(かっこう)のとれない字です」。なるほど簡単そうでも、なかなか落ち着かない

 同じ人の手で書いても、これほど形が違ってくるものか。広島県安芸太田町に住む陶芸家岡上多寿子さん(60)の自筆の詩画集「いっぱいごめん いっぱいありがと」(木耳社)。ページをめくりながら気付かされた

 認知症の母文枝さんを自宅で介護した10年間の日々。絵日記風につづる。ごみ箱からおむつを引っ張り出した「母」。輪郭は角張ってとげとげしい。症状が進んできても「あんたぁ食べたか」と気遣ってくれた「母」は柔らかだ

 本当につらかったのは下の世話や徘徊(はいかい)ではない。そんな母を認められず、しかりつけたり手まで上げたりした悔いや情けなさ…。母の字に託したありのままの思いが、介護のただ中にある人をはじめ幅広く共感を呼ぶのだろう。初版から4年、6刷りを重ねている

 ハチローさんの詩はこう続く。「やせすぎたり 太りすぎたり ゆがんだり/泣きくずれたり…笑ってしまったり」。不格好にも見える形は、母を思う子の心情にほかなるまい。きょうは母の日。どんな字が書けるだろうか。

 天風録 中国新聞 2010年5月9日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

相互に相互を研究し啓発する、単に採決に便宜のためなら、二大政党の看板が泣く・・・ 天風録 八葉蓮華

 夏目漱石が英ロンドンに留学したのは19世紀最後の年。文学書を読みふける合間に、本場の議会政治の仕組みにも好奇心を抱いたようだ。すでに花開いていた二大政党制である

 日本は政党があっても藩閥が牛耳る時代。市民の選挙で政権が代わる流儀には驚いたに違いない。帰国後、「相互に相互を研究し啓発する」と、ライバル同士が競い合う効用を論じた。一方で、二大政党も「単に採決に便宜なる」制度にすぎないと見抜いていた

 それから1世紀。英総選挙は労働党が大敗し、第1党の座を奪い返した保守党も過半数に届かなかった。どちらも勝者といえない36年ぶりの「中ぶらりん議会」だ。政策が似通い、新味のないところに割って入った第三極の自民党。先行きはなかなか見えない

 揺らぐ本家本元。片や日本はやっと二大政党の時代になり、選挙で政権が代わったばかり。英国をお手本にしようとしている民主党の面々も、胸中穏やかではあるまい。政権の足元がぐらつく中で近づく参院選。こちらも第三極の足音が迫る

 二大政党制は「偶然のような必然のような歴史を有している」と100年前の漱石は書いた。参院選の結果いかんでは合従連衡も取りざたされそうだ。単に採決に便宜のためなら、二大政党の看板が泣く。

 天風録 中国新聞 2010年5月8日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

笑顔咲き 出逢い花咲く「福山ばら祭」街に潤いを、と市民が栽培を広めて半世紀・・・ 天風録 八葉蓮華

 きのうの通勤電車には、心なしか日焼けした顔が目についた。お出かけ日和に恵まれた今年の大型連休。後半は夏日も続き、つい先日まで雨と寒さに震えていたのがうそのようだ

 コートを着たり脱いだりしたと思えば、半袖を引っ張り出す。めまぐるしい寒暖の差に体がついていかない。そう感じるのは人間だけでないようだ。先月「ばらのまち」の福山市では、つぼみが小さく、花芽も付かない枝に案じる声が上がった。「バラが風邪をひいたのでは」

 人間なら温かくしてゆっくり休めばよかろうが、そうもいかない。今月15、16日には福山ばら祭がある。小さな花芽を摘み、残るつぼみに栄養を回す「外科治療」が主会場のばら公園で施された。その後は温室のようなポカポカ陽気になり、少しは元気を取り戻したようだ

 去年までは春先から暖かい日が続き、早く咲き過ぎて気をもませた。それだけに4月の天候不順に虚を突かれた格好だ。市民が世話する花壇のコンクールはきょうから。審査員は咲きそろった様子を想像しながら点をつけるという

 街に潤いを、と市民が栽培を広めて半世紀。今年の祭のテーマは「笑顔咲き 出逢(あ)い花咲く」。ハラハラさせ、手間を掛けさせるから余計に美しく見える。それもバラの魅力なのかもしれない。

 天風録 中国新聞 2010年5月7日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:39| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。