2009年11月28日

安っぽく見える「ペットボトルのボジョレ・ヌーボー」伝統やイメージを重んじる・・・ 天風録 八葉蓮華

 創業100年を前に、何かと話題のシャネル。当初、世界を驚かせたのは、安い素材をうまく取り入れたことだ。例えばジャージー。下着などに使われるにすぎなかったが、仕立ててみると動きやすいうえに、シルクよりはるかに安上がり

 アクセサリーはイミテーションでOK、というのもそう。高価な宝石をこれ見よがしに着けるのは卑しい、とまで言っている。機能と安さ。その二つをファッション性にくるんだシャネルの商品は、当時の女性にもてはやされた

 日本に初めてペットボトルのボジョレ・ヌーボーがお目見えした。ガラス瓶入りの3分の2の軽さで壊れないという高い機能。しかもデフレ時代に求められる安さ。空輸のコストを少しでも削ろうとする輸入元のアイデアのようだ

 ところがフランスでワインの品質保証をしている団体からクレームがついた。「伝統やイメージを重んじる観点から反対する」。こんな容器では、中身まで安っぽく見える、ということらしい

 「器は料理の着物」と言ったのは北大路魯山人だ。中身に加えて入れ物による見栄えの味を大切にするのは、実は魯山人以前からの伝統だったはず。機能と安さだけでなくファッション性は? 日本の美意識は変わったの? フランスからそう問いかけられた気もして。

 天風録 中国新聞 2009年11月23日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

「ターキーこと水の江滝子さん」ひまわりのように、その時その時を精いっぱい生きてきた・・・ 天風録 八葉蓮華

 しぐさを頼りに、なにげない生活の一場面を言い当てる。往年のNHKの人気番組「ジェスチャー」。テレビ放送が始まった1953年から15年間続いた。柳家金語楼さんとともに番組の顔だったのがターキーこと水の江滝子さんだ

 茶の間を笑いの渦に巻き込んだ金語楼さん。片や、機転が利いてさっそうとしたターキーさん。対照的な両キャプテンの姿を、懐かしく思い出す人も多いに違いない

 ターキーさんの活躍はテレビにとどまらなかった。男装で一世を風(ふう)靡(び)した少女歌劇時代。待遇改善を求め争議のリーダーも務めた。戦後は映画プロデューサーに転じ、浅丘ルリ子や石原裕次郎を育てた。引退後も宝石アートに没頭…。昭和という時代を先頭に立って駆け抜けてきた

 「生きている間に、にぎやかに集まってほしい」と東京のホテルで盛大な生前葬を開いたのが16年前。ターキーさんらしいちゃめっ気もあったようだ。「本当に思い残すことはなかった」と日記につづっている

 その時に葬儀委員長を務めた森繁久弥さんを追うように、帰らぬ人になった。自叙伝には「ひまわりのように、その時その時を精いっぱい生きてきた」とも。94年の生涯そのものが、女性の生き方の可能性を示す「ジェスチャー」だったようにも見える。

 天風録 中国新聞 2009年11月22日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

ピエロのささやき「ぼくらは緊張のほぐし役」スリルと興奮の連続では身が持たないよ・・・ 天風録 八葉蓮華

 「落語とは緊張の緩和である」。ピエロの演技を見ていて、10年前に亡くなった桂枝雀さんの持論を思い出した。福山市で公演中の木下大サーカス。舞台裏を訪ね、その思いを深くした

 「ぼくらは緊張のほぐし役」「スリルと興奮の連続では身が持たないよ」。赤いテントを笑いで包む米国人の2人のピエロ。その場の空気を素早くつかみ、意表を突く芸で客の心を引き寄せる。落語の間の取り方と、どこか似通う。笑いの本質は東西を問わないようだ

 ピエロの魅力にとりつかれ、20年近くも描き続けているのは福山市在住の洋画家、和田貢さん(82)だ。それも素顔がのぞく「幕間(まくあい)」を専門に。観客を存分に楽しませた後、ふとわれに返るひととき。じっと目を閉じたり、読書にふけったり。ステージで張りつめた心を解きほぐす

 「和む心が伝わるのでしょうか。絵筆を持つこちらも楽しくなってくる」。描いたピエロは100点を下らない。6年前の日展で会員賞に輝いた「幕間」は、くつろいでウクレレを弾く表情が印象的だ

 今年も残すところ40日余り。年内にあれもこれもと気はせくが、和田さんの絵を前にすると、肩の力がすーっと抜けてくる。「なるようになるさ」。ピエロのささやきが聞こえてくるような気がした。

 天風録 中国新聞 2009年11月21日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:27| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

紅葉から雪景色へ移ろう季節「臥龍山」凄惨な事件の舞台・・・ 天風録 八葉蓮華

 うっそうと茂ったブナの原生林。樹齢200年を超える巨木もある。広島県北広島町の臥龍山は、標高1223メートルの8合目付近まで車で行ける林道がつく。手軽にブナの森と触れ合うことができる山だ

 春の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色。動植物の宝庫でもある。写真愛好家は「どんな季節でも期待を裏切らない」という。ブナの森は「緑のダム」とも呼ばれる。林道沿いにある名水「雪霊水」は山頂付近というのに、水量が豊か。ポリタンクで水をくみに来る人が絶えない

 紅葉から雪景色へ移ろう季節。登山客などでにぎわう山が凄惨(せいさん)な事件の舞台になった。女子大生の遺体の一部が見つかってから2週間。警察の捜査が続き、騒然としたままだ

 芸北写真塾を主宰する紺野昇さん(68)は、ふもとに移り住んで7年になる。数え切れないほど登り「一番大切な山」と思う。今年も遺体が発見される直前に、何度も塾生を連れて行った。胸につかえた悲しさ、腹立たしさが日増しに大きくなるという

 臥龍山はもともと「苅尾(かりお)山」と呼ばれた。地元の人は今でもその名を使う。朝な夕な、なだらかな山容が家の窓から見える自慢の山だ。事件が解決しないまま、根雪になってしまうのか。山を見上げてつぶやく。「苅尾が泣いている」

 天風録 中国新聞 2009年11月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

海のダイヤ「絶滅危惧」ほっておけば本マグロの乱獲に歯止めがかかりそうにない・・・ 天風録 八葉蓮華

 思いがけない秋の褒章に「棚からぼたもちどころか本マグロ」と例えた歌手の中島みゆきさん。「たなぼた」の比較級と考えたはずの言い回しが、最上級に格上げとなるかもしれない。マグロ漁場の大西洋と地中海で、日本の割当量が大きく減ることになった

 世界で水揚げされる本マグロの約7割が、日本の胃袋に収まる。メバチ、キハダなど7種類の中でも本マグロの人気は別格。最も大ぶりで脂が乗り「海のダイヤ」と呼ばれる。天然物に1本2千万円を超す値が付いたこともある

 ここ10年ほどは庶民にもおなじみの味になった。五百円玉1枚で大トロ、中トロ、ネギトロの3貫盛りを楽しめる回転ずしもある。安く仕入れた幼魚をいけすで太らせる養殖物が出回りだしたおかげだ。海外のSUSHIブームも消費に拍車を掛ける

 ほっておけば本マグロの乱獲に歯止めがかかりそうにない。ならば「絶滅危(き)惧(ぐ)種」に祭り上げて国際取引そのものを禁じてしまおう。そんな条約改正の動きも、欧米主導で始まっている

 私たちの食欲がほかの種を滅ぼしたのでは、いかにも寝覚めが悪い。しばらくはグッと我慢するしかあるまい。漁を自粛している間に資源が回復し、すし屋さんで、♪あんな時代もあったねと笑って話せる―日を待とう。

 天風録 中国新聞 2009年11月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:40| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

人の心を耕す営み「わが事だけでなく広い視野を」さまざまな文化や価値観・・・ 天風録 八葉蓮華

 教育は人の心を耕す営みだろう。まかれた種からどんな花が咲き、実がなるか。見届けることができれば、教師冥利(みょうり)に尽きる。ハワイのホノルルで教壇に立っていたベティ・モリオカさん(72)の場合は「信じられない」という驚きが加わる

 40年近く前、担任した小学6年のクラスにインドネシアからの転校生がいた。バスケットボールが得意。黒人は少数派だったが、白人や日系人の級友にすぐなじんだ。「バリーは笑顔がとても印象的だった」。バラク・オバマその人である

 モリオカさんも、祖父母が広島、山口県から海を渡って来た日系3世。さまざまな文化や価値観の養分が教室で混ざり合い、バリーは存分に吸収したに違いない。先週末、東京で宣言した「米国初の太平洋大統領」という発想もその果実だろう

 上海の大学生には「わが事だけでなく広い視野を」と語りかけたオバマ大統領。パートナーという言葉で、経済成長目覚ましいアジアの輪に加わろうとする。ただ失業率が10%を超す自国では保護主義が台頭しかけ、互恵の先行きも綱渡りになりそうだ

 モリオカさんは、岩国市の親類宅に里帰り中だ。テレビで教え子を見守り、昔と変わらぬ笑顔を確かめる。さらに果実を欲張れば「平和な世界」と、迷わず言い切る。

 天風録 中国新聞 2009年11月18日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

ちょっと日常から離れたい「銃文化」リスクと背中合わせ・・・ 天風録 八葉蓮華

 ご飯を食べるときに、食器を手で持ってはいけない。はしを使ってもだめで、スプーンですくう。韓国を訪れて教わった食事のマナーだ。顔も習慣も日本と似ているようで、実は異質。そこがまた面白い

 円高ウォン安で割安感が出たからだろう。日本から出かけていく人の数は、経済危機の後もうなぎのぼりだ。あこがれの韓流スターの国。ロケ地巡りに免税店と、日本語のサービスも手厚い。「外国」と構えなくても、異文化を味わえる。それが魅力のようだ

 日本では「ご法度」の体験もできる。拳銃の射撃場。数千円払うだけで、誰でも実弾を撃てる。徴兵制が敷かれ、銃の扱いに慣れたお国柄もあるのだろう。観光客相手の施設が幾つもある。その一つで火災が起き、日本人が命を落とした

 中学の同級生の楽しい旅行。「ちょっと日常から離れたい」といった気持ちだったのだろうか。そこに落とし穴があった。火薬の粉じんの爆発が原因では、とも伝えられる。韓国各紙の社説は「わが国の恥を再びさらした」「慢性的な安全不感症」と書き立てた

 「近くて遠い」から、「近くて近い」国になった韓国。食文化の違いには「へえ」と驚き、楽しめばいい。ただ「銃文化」と付き合うとなると、リスクと背中合わせだと思い知らされる。

 天風録 中国新聞 2009年11月17日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:35| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

あるがままの自分を受け入れ、生まれ出た喜び、老いゆく自分も、あるがままに・・・ 天風録 八葉蓮華

「ぞうさん/おはなが ながいのね」。何十年も昔の子ども時代に口ずさみ、わが子にも歌ってやった童謡「ぞうさん」。仲良し親子の歌と思っていたら、そうではないらしい。作詞した周南市出身のまど・みちおさんが明かしている

 「鼻が長い」とからかわれた子ゾウは「母さんもだよ」と答える。あるがままの自分を受け入れ、生まれ出た喜びを歌っているのだという。そういえば、まどさんの作品の多くは、蚊やアリといった小さな命が主役だ

 ムクゲの種の産毛、薬箱の絵…。幼いころ、まどさんがじっと目を凝らしたのは、道ばたや部屋の片隅に埋もれたものだった。そんな「発見」を書き始めたのが19歳のころ。以来、世に送り出した童謡や詩は2千編を超える

 最近は自らの老いも格好のテーマになる。なかなかつめが切れないと思ったら、持っていたのはホチキス。「しげしげ眺めやると/ホッ チキショウメ!」。マイナスにとらえない。むしろ、へまを楽しんでいるようにも

 先日、新しい詩集が書店に並んだ。「まあ/よくも/ここまで/生きてきた/もんだよなあ」。心からの実感なのだろうか。今も病院のベッドで、日記帳につづったり絵を描いたり。老いゆく自分も、あるがままに。きょう100歳を迎える。

 天風録 中国新聞 2009年11月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

「ただ揺られ揺られつ」フェリー業界に吹き付けている烈風・・・ 天風録 八葉蓮華

 ススキの原を渡る秋風をうたった北原白秋の詩がある。「遠きもの/まづ揺れて/つぎつぎに/目に揺れて/…風なりと思ふ間もなし」。作者もまた風に吹かれて「ただ揺られ揺られつ」するばかり

 秋風も、海原では大きな波を生むことがある。うねりと合わされば巨大な三角波に。東京から鹿児島に向かうフェリーが、熊野灘でこの波に襲われた。揺れるいとまもあらばこそ、一瞬にして傾き、ついには横倒しに

 いきなりのことで、乗客は何が起きたのか分からなかっただろう。運航会社によると、いつもなら20〜30人の乗客が、たまたまこの便は7人だけ。少なかった分、ヘリコプターでスムーズに救助されたのは幸いだった

 今のフェリー業界に吹き付けている烈風と、つい重なって見える。土日の高速料金が千円になって、客が激減している。先の区間の料金は、全長10メートルの大型トラックで約18万円。これでさらに高速が無料化されたら…

 国内貨物の4割は船が運んでいる。災害時に、物資満載のトラックを積めるのもフェリーならでは。海運業界が傾いては大変だ。「輝けど/そは遠し/尾花吹く風」と、詩は終わる。詩人の心を揺らした風がある。政治によって引き起こされ、だからこそ政治によって鎮められる風もあるはずだ。

 天風録 中国新聞 2009年11月15日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

「人間関係にはメンテナンス術が必要」鳩山流メンテナンス術が実を結ぶ日はいつ・・・ 天風録 八葉蓮華

 新聞の隅に載る鳩山由紀夫首相の「動静」欄を見ると、幸夫人と一緒の行動が目立つ。先週の日曜日にはスーパーで買い物。別の日には日本料理店や焼き肉店で食事をしたり、サーカスを見に行ったり。けっこうマメである

 「人間関係にはメンテナンス術が必要」とコラムニスト深沢真紀さんが書いている。機械と同じで、維持管理の努力をすれば長持ちし放置したらガタがくるからという。首相は、夫婦の間のメンテにできるだけの心配りをしているようだ

 国と国の関係ではどうだろう。日米間で「普天間」というトゲがクローズアップされている。早くメンテをしないとほころびにつながる、との心配も高まる中でオバマ大統領が来日した

 首脳会談後の会見では「同盟はアジア太平洋地域の基軸」と、まずはほっとさせるメッセージ。トゲがしばらく刺さったままなのは仕方がない、とのスタンスのように見えるが、日本側も待ったをかけ続けるわけにはいくまい

 イエスと従うだけではなく、主張をしてこそ対等な関係という。その通りだが、深沢さんの言う友人関係の落とし穴も気になる。「これぐらいのことは許されるだろうと勝手に考えるのは危険」。間合いを測りながら着地点を探っていく鳩山流メンテナンス術が実を結ぶ日はいつ。

 天風録 中国新聞 2009年11月14日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

「おれは初めから人を信じて、信じて仕事をしてきた」そんな絆で結ばれた時代・・・ 天風録 八葉蓮華

 下松と防府の二つのシネコンに挟まれながら、ただ1軒、頑張って上映を続けている映画館が周南市にある。なんとかもり立てる方法はないだろうか。同時に、周りのシャッター通りも元気になるような…

 そんな話が、地元の映画ファンの間で持ち上がったのはこの夏。「それなら映画祭をやろう」。夕張で、いったん中止になった映画祭が市民の力で復活したニュースもあった。予想以上の早さで「周南映画祭 絆(きずな)」の計画がまとまった

 21日から3日間、山口県にゆかりのある映画を中心に13本を上映する。佐々部清監督「出口のない海」は大津島でのロケだ。「家族ゲーム」は下関出身の松田優作さんが主役。没後20年で再び脚光を浴びているのでタイミングもいい

 メーンゲストの佐々部さんは、ロケを手伝った地元の人が「ぜひ」と招いた。専属で松田さんのスチール写真を撮っていたカメラマンも、知人を通して来てもらうよう頼んだ。手づくりで組み立てるイベントだ

 「おれは初めから人を信じて、信じて仕事をしてきた」と松田さんは言っている。人がそんな絆で結ばれた時代があったのか、とまぶしくもある。しかし今だってそう捨てたものでもあるまい。映画祭そのものが、さまざまな「絆」が集まって生まれたのだから。

 天風録 中国新聞 2009年11月13日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

高度成長が始まったころのドタバタ喜劇「社長」昭和という時代に思いをはせる・・・ 天風録 八葉蓮華

 江の川のほとりに小さな映画記念館がある。戦後の黄金期にメガホンを握った松林宗恵(しゅうえ)監督ゆかりの品々が並ぶ。古里、江津市桜江町の文化施設「水の国」の一室。呼び物の一つは森繁久弥さんとのコンビで23本撮った「社長」シリーズだ

 米国出張から帰った途端、フォークで日本そばをすくいだす。仕事そっちのけで女性に色目を使う。軽薄な社長に振り回される部下。高度成長が始まったころのドタバタ喜劇は今見ても腹がよじれそうだ

 からっとして、どこかさめたユーモアも感じられる。森繁さんは中国東北部からの引き揚げ組。七つ年下で元海軍士官の松林さんを「無二の親友」と呼んだ。社長は元戦艦乗りで早メシの癖がなかなか抜けない―といったギャグも共作だったに違いない

 2人は酒を酌み交わすと、「戦友」をよく口ずさんだという。♪ここはお国を何百里 離れて遠き満州の…。軍歌というより、凍土に眠る友への鎮魂歌である。独特の森繁節はどんな哀調を帯びたことだろう

 ことしの終戦の日に松林さんは息を引き取った。計ったような「戦友」の旅立ち。同じころ森繁さんも体調を崩して入院したまま、おととい帰らぬ人となった。昭和という時代に思いをはせるよすがをまた失ってしまったような気がする。

 天風録 中国新聞 2009年11月12日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:14| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

正義の女神像「審理」生き方まで問われるのはこれから・・・ 天風録 八葉蓮華

 右手に「正義」の剣、左手に「公正」のてんびん。裁判を象徴する「正義の女神像」である。世界各地の裁判所にあり、日本の最高裁判所には尾道市御調町出身の故円鍔勝三さんの作品が置かれている

 同じものは古里の記念館にも。裁きはかくあるべし、という高い理想が伝わる。ただ素人にも同じことができるのだろうか。その不安を和らげようと、裁判員裁判が始まるのを前に最高裁がつくったのが1時間の映画「審理」だ

 主役を務めたのが酒井法子被告。駅の構内で起きたサツ人事件は正当防衛かどうか。双方の言い分を聞いて心揺れる主婦の裁判員を演じて、見る人の共感を呼んだという。ところが被告の覚せい剤事件の巻き添えで、映画はお蔵入りとなった

 きのうの酒井被告。執行猶予のついた判決を言い渡された。こちらは映画ではない現実の世界。「この重みに負けないで更生を」という裁判官の言葉にうなずいた。促されて復唱した判決主文を、どう受け止めただろう

 映画で、主婦が最後につぶやくせりふがある。「自分の生き方まで問われている気がして…」。酒井被告が文字通り生き方を問われるのはこれからだ。再起を信じる国内外のファンのためにも、剣とてんびんの意味は伝わったところを見せてほしい。

 天風録 中国新聞 2009年11月10日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

どんなふうに生まれてもわが子「枯れ葉剤」化学兵器の害はひ孫の代まで及ぶ・・・ 天風録 八葉蓮華

 父親になったばかりというのに浮かぬ顔に見える。ベトナムの産婦人科病院で先月末に会ったドクさん(28)。腰から下がつながった双生児「ベトちゃんドクちゃん」と呼ばれていたころの天真らんまんな笑みは影を潜めていた

 やはり双子の赤ん坊は、早産で保育器の中。オギャーも寝息もガラスの向こうだ。「無事育っているか…」。不安とない交ぜの、親になった実感の薄さ。同じ未熟児を授かった父親として察するに余りある

 おまけにドクさんは枯れ葉剤被害者の2世とされる。ベトナム戦争中、猛毒のダイオキシンを混ぜて米軍がまいた化学兵器の害はひ孫の代まで及ぶという。しかし「どんなふうに生まれてもわが子」と夫婦で腹をくくり、人工授精に踏み切った

 あの面持ちは、家族を持った責任感ゆえかもしれない。日越両国の医師による分離手術まで一体だった兄ベトさんと、2年前にシ別した。一人きりの肉親でもあった「分身」の無念を胸に、世代をつなごうとしている

 2世までの被害者だけで400万人とも見積もられている。取材先の病院にも両腕や眼球がなく生まれた子どもが60人近く身を寄せていた。「真っ先に注目された私は長男みたいなもの」。ドクさんの「弟」や「妹」の存在も忘れるわけにはいかない。

 天風録 中国新聞 2009年11月8日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

甘いみりんに十数種類の薬草をつけ込んだ「保命酒」伝統を絶やすまい・・・ 天風録 八葉蓮華

 幕末の1856年、米国の初代領事ハリスが伊豆下田にやって来た。日本側が用意したもてなしの食卓に、カツオの刺し身や奈良漬などと並んで上ったのが「保命酒」だった

 食前酒としてふるまわれたという。甘いみりんに十数種類の薬草をつけ込んだ保命酒。ハーブを含んだ「カンパリ」などのリキュールに似ていなくもない。まったりとした琥珀(こはく)色の酒は、ハリスをとりこにしたようだ

 保命酒が福山市鞆町で誕生して350年。大阪の漢方医が、鞆で造っていた「うま酒」(みりん)に生薬を配合したのが始まりとされる。福山藩の奨励もあって全国に広まった。昭和初期をピークに衰退の道をたどり、今は4軒だけ。伝統を絶やすまいと、きょうとあす「保命酒祭」を開く

 薬用酒と違って、あくまで健康のための酒。効能のPRはご法度だ。ただ材料に使われる生薬の組み合わせは、中高年女性に多い体のトラブルに用いられてきた処方に通じる、との専門家の見立てもある。長寿の時代にふさわしいお酒かもしれない

 ハリスは5年余り、日本に滞在した。条約交渉など重要な場面で、保命酒が出されたといわれる。それから150年。懸案が山積する中、12日にオバマ大統領が来日する。心和む保命酒の一席を設けたいところだが…。

 天風録 中国新聞 2009年11月7日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

行楽の秋。気ままに見知らぬ土地を訪れ、名物を味わう・・・ 天風録 八葉蓮華

 行楽の秋。気ままに見知らぬ土地を訪れ、名物を味わう。至福のひとときだろう。しかし志を抱く旅人の足跡は、地にしっかり刻まれ、後の世にまで伝わる。吉田松陰没後150年。先ごろ萩市で開かれた「ゆかりの地・人の集い」で実感した

 21歳から25歳までの間に、北は津軽半島から南は熊本まで行脚。各藩に兵学、洋学の師を求め、下田では米国ペリー艦隊に乗船を頼んだ。時代に突き動かされたような松陰の旅を、冬の峠越えで追体験したり、銅像や詩碑を建てたり。各地からの報告は、歴史を生かす地域づくりと映る

 後に戊辰戦争で長州藩が相まみえる会津にも、松陰は足を運ぶ。越後長岡には友人もいた。元首相の演説のおかげで逸話が有名になった「米百俵」の小林虎三郎だ

 松陰・吉田寅次郎と小林は、江戸で同じ塾に通い「二虎」と並び称された。長岡では有名らしく「二虎」と名付けたどら焼きの土産物まであると知った。萩にとっても、ありがたいではないか

 松陰の足跡が長く記憶されるのは、まな弟子たちが明治国家の中枢を占め続けたためでもあろう。維新にちなむ地域交流は盛んだが、会津などにはわだかまりも残る。それに対して、萩市の担当者は長州藩を「官軍」でなく「西軍」と呼ぶ。気配りが心地よく響く。

 天風録 中国新聞 2009年11月6日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

いかにすき間なく組み上げるか「超二流のススメ」いぶし銀のような輝きを放つ・・・ 天風録 八葉蓮華

「君に3割はいらない」。ルーツ監督に言われ、三村敏之さんは戸惑った。セ・リーグ2位の3割8厘をマークしたこともあるのになぜ…。葛藤(かっとう)の末、身を捨ててもランナーを進める2番打者に徹した。カープが初優勝した1975年のことだ

 あの川上哲治氏も絶賛したほどのあり余る才能。脇役では満たされない。やはり一流になりたい。翌年、自分の思い通りのバッティングを目指した。本塁打は増えたが、それ以外の打撃成績は軒並みダウン。チームも低迷した

 そんな経験から悟ったのが、同名の著書もある「超二流のススメ。」だ。一流でなくても、組織の中の工夫でそれを超えることができると。カープの監督時代には、一人一人の選手の特性を見極め、任せたい役割を本人が納得するまで説明した

 一流選手ばかりのチームを「一見、高くて立派でも、ちょっとの振動ですぐ崩れるすき間だらけの石垣」に例えた。自らもチームメートも生かせるような超二流選手の石垣を、いかにすき間なく組み上げるか。知将と呼ばれたこの人のテーマだった

 組織論にも通じる野球哲学を買われ、楽天のフロントに。後輩のブラウン氏を監督に迎え入れる直前の訃報(ふほう)だった。61歳は早すぎるが、その足跡はいぶし銀のような輝きを放つ。

 天風録 中国新聞 2009年11月5日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

古い町には「便利で快適」を追い求めない住まい方があったという感覚・・・ 天風録 八葉蓮華

「桜紅葉」は秋の季語だ。らんまんの花が散り、青葉に変わり、秋の気配とともに次第に色づいていく。カエデやツタの燃え上がるような紅葉とはほど遠く、どちらかといえばくすんだ感じだ

 ところが近寄って、一枚一枚の葉の色模様を見るとびっくりする。緑から紅へ、紅から赤へ、黄へ、そして茶の枯れ葉色に、という移り変わり。カラーの世界がいつの間にかセピア色になっていく大林宣彦監督の映画を、ふと連想した

 過去と現在とを行ったり来たりする物語。ロケ地にぴったりなのが、セピア色を思わせる古い港町・尾道だった。監督は後に、なぜここを選んだかのもう一つの理由を書いている。「撮影して全国の人に知ってもらい、愛してもらえるように努力する」。だから開発で壊すのはやめてほしかった、と

 古い町には「便利で快適」を追い求めない住まい方があったという。例えば暑いからこそ味わえる廊下を渡る一陣の涼風。壊してしまったら、こうした感覚も忘れられてしまう。映画ではそんな思いも伝えたかったのだろうか

 大林さんが、秋の叙勲を受けた。山一面の紅葉のような派手さはないが、桜紅葉の一枚一枚のように、子どもから大人へと移ろう心のひだを映した作品の数々。これからも色あせることはあるまい。

 天風録 中国新聞 2009年11月4日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:23| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

独自のスタイルbento弁当「日本流」をどう伸ばしていくのか・・・ 天風録 八葉蓮華

 パリやニューヨークでは今弁当を紹介する本が書店に並んでいるそうだ。彩り豊かなおかずやむすび。見た目の美しさだけでなく、栄養バランスもよい。作って楽しむ人も増え、「bento」は国際語になろうとしている

 手間暇を惜しまぬこだわりと美意識。弁当には日本らしさが詰まっている。海外から刺激を受けつつ適度な距離を保ち、独自のスタイルを花開かせた。そんな評価の一方で、国内では「ガラパゴス化」という言葉も耳にするようになった

 ガラパゴス諸島は、ダーウィンが進化論の着想を得た場所である。南米大陸から遠く離れていたため、ゾウガメなどが独自の進化を遂げた。世界から取り残されそうな日本のIT関連産業の現状に似ているらしい

 その代表例とされる携帯電話。写真や動画にテレビと、あらゆる機能を満載している。しかし必要最低限でいいという海外の市場ではさっぱり。国内のニーズにばかり目を奪われていたことへの「警告」ととらえたい

 とはいえ、世界標準にならうだけではつまらない。世界の若者が熱中する漫画や、食通をうならせる繊細な味わいの果物もある。自分たちではその価値に気づきにくい「日本流」をどう伸ばしていくのか。小さな弁当箱には、いろんなヒントが隠れている。

 天風録 中国新聞 2009年11月2日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

扇子をたたいて「はい、座布団1枚」笑わせるのが一番むずかしい・・・ 天風録 八葉蓮華

 テレビが出現したころ、噺(はなし)家(か)にとっては「天敵」だったかもしれない。それまで大入りだった寄席の客は、ごっそり奪われる。座っているだけで動きの少ない落語は、番組で取り上げてもらえない

 ならばと思い当たったのが「大喜利」のスタイルだ。出されたお題にいかに面白く答えるかを、何人かで競う。「笑点」はそれでヒットし、その後の噺家タレントブームにつながった。長く番組の顔だったのが、亡くなった三遊亭円楽さんだ

 「噺家なんてぇのはのんきな商売で」というのはよくあるマクラ。扇子をたたいて「はい、座布団1枚」とおちょぼ口で笑う円楽さんを見ると、いかにもそんなふうに見えた。しかし「実際はそうじゃあない。笑わせるのが一番むずかしい」(「圓楽芸談しゃれ噺」)

 テレビに出過ぎだとたたかれ、テレビと一時縁を切った時は「落ち目」と見られたりした。落語協会から離れて自前でつくった寄席の負担にも苦しんだ。のんき、どころではなかったと知る

 浅草生まれの江戸っ子。4年前に脳梗塞(こうそく)で倒れ、復帰した高座で「ろれつが回らない」と、その日のうちに引退を決めた。「江戸っ子が登場する落語をやってるんですから、そらあ、引き時を間違えちゃいけません」。人生の引き時はしかし、早すぎた。

 天風録 中国新聞 2009年11月1日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
ラベル:天風録
posted by 蓮華 at 23:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天風録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。